ディーラーに下取りを依頼する

現在乗っている車を売りたいと考えたとき、まずはどこに売却するのかを考えることでしょう。そして、売却先の候補はいろいろな種類があることが分かると思います。
まず、いわゆる中古車販売業者が真っ先に候補として思い浮かぶでしょうし、知人に売却するケースもあるでしょうし、最近ではオークションやインターネットの個人売買で買い手を探すケースもあるのではないでしょうか。しかし、上記以外にもお乗りの車の売却先として検討すべき対象があります。車を新車に乗り換えるつもりの方であれば、次の車の購入を検討しているディーラーに下取りを依頼するという方法があるのです。
下取りを依頼することの最大のメリットは、次の車を購入する際にお得に車が購入できる可能性が高まることです。多くの販売店では、値引の限度額がある程度決まっているため、値引交渉には上限が生じてしまいます。しかしながら、下取りを依頼することで、値引きができない代わりに、少し査定額を高めに見積もってくれ、実質的な値引きを得られることがあるのです。また、値引きの代わりの形でオプションパーツのサービスが得られることもあります。車の売却をお考えの方で当てはまる方は一度上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。