知人と直接取引する際に気をつけたいこと

車を売り買いするときには、一般的にはカーディーラーを経由して取引を行うことが多いです。
ただ、時には、何らかの事情で知人に売ったり、あるいは買ったりするケースもあり得ます。
知人との取引にあたっては、いろんな点に注意が必要です。
実際には、車の売買をめぐっては、説明不足や理解不足による行き違いなど、個人売買特有のトラブルは多発しています。
そんな場合でも、個人取引ですと、当事者j間で解決するしかありません。
業者からの購入ではありませんので、自動車公正取引協議会などといった機関でのトラブル解決とか相談はできないのです。
また、専門家でない者同士での取引ですので、必要な書類がなかったり、不備があったり、段取りが悪かったりと、予想できない事態が発生することも珍しくありません。
ごく稀に、事故の修理歴が判明したり、メーター不良などのトラブルも散見できます。
売る側としては、車両の状態をできるだけ詳細に伝えることが大切です。
今までの運転で気がついた不調や、不具合箇所、タイヤの溝や過去の修理歴なども、克明に伝えておくほうが、後日のトラブルは少しでも少なくなります。
できれば、多少の費用はかかりますが、近くのカーディーラーや、自動車査定協会などで査定をしてもらって、専門家が記入した査定シートのコピーなどを提示するのも、信頼関係を増す上でプラスになります。

コメントは受け付けていません。